roman’s diary

イタリアへの旅のリアルタイムブログの予定でしたが、旅の思い出整理ブログにおちつく!?

9 giugno 2017@Firenze

昨日、バルディーニ庭園のコーヒーハウスで、モナリザはこんなところに座っているところだったんだろうな、と思った・・

ちょっと写真が良くないが

f:id:nekoatama:20170610131523j:plain

円柱と円柱の間に

f:id:nekoatama:20170610131640j:plain

f:id:nekoatama:20170619115410j:plain

f:id:nekoatama:20170619115455j:plain

f:id:nekoatama:20170619115519j:plain

f:id:nekoatama:20170619115544j:plain

 

f:id:nekoatama:20170619115630j:plain

f:id:nekoatama:20170619115656j:plain

f:id:nekoatama:20170619143345j:plain

f:id:nekoatama:20170610131727j:plain

f:id:nekoatama:20170610131812j:plain

お 、お会いしましたね(シニョリーア広場のレプリカ君)

フィレンツェは他所より日本人比率が高いようだ、そして帽子をかぶっている人も多いので購入した

f:id:nekoatama:20170610132412j:plain

こういう店がいっぱいあったので‥しかし、奥のやつを買ったら、たぶんぼられた・・
でも、誰も私を叱る人はいないので、ケセラセラ((;^_^A

あと、フィレンツェカードの販売所で、パスポートカバーをほめてもらったり、

Baldini Gardenで会った女の子たちに 初めて「チャオ!」とあいさつされた。

(それまでは 「ブォンジョールノ」)

f:id:nekoatama:20170610134553j:plain

いろいろな歴史的建造物の中にゾロゾロ入る気がしなくて、つい予定を変えて、川向こうの庭園に行ってしまった

川はアルノ川

f:id:nekoatama:20170610134749j:plain

f:id:nekoatama:20170610134849j:plain

今日は覚悟を決めて、早く出てウフィッツイだけには入ります‥

 

8giugno2017@Firenze

昨日は、いよいよモデナだ!!と思うと、

前日から興奮しすぎてしまい、体調が悪くなった(我ながら軟弱)・・
なのでこれはもうボローニャどころじゃないと思って午前中は街歩きは控えて、休養し、

モデナ遠足だけにしました。

そして大満足で帰れたので、早寝して、今日は早起きして、気分爽快、ボローニャの方もようやく見物できました(半日だけ)・・

旧ボローニャ大学の解剖講義室と図書館は、やっぱりよかった!

図書館はあれ?これだけ?と思ったら、その向こうがすごかった

(入れない扉越しに撮影した)

f:id:nekoatama:20170608234752j:plain

兎に角、昨日のモデナの大聖堂には興奮しまくり!!

f:id:nekoatama:20170608235506j:plain

クリプタのロマネスクの円柱のごく一部

f:id:nekoatama:20170609000408j:plain

どのくらいライオンがいたかわからない(思ったより大きいのだ)

もちろん装飾は私のテーマの唐草文様なのである!

さて今はフィレンツェのHOTEL・・ボローニャからフレッチャロッサで40分くらいかな?

ボローニャのHOTELが枕チップもいらないところだったのに、

こちらのHOTELは、やっぱり古式で、入り口が階段で、ベルボーイというよりポーターさん(お年を召した方)に早速チップが必要だった・・
湯沸かしがないのが、ちょっと、いやものすごく、残念・・
初めて例の観音開きのある部屋だが、どうやらこれは開けられない(この件は又)

Buonanotte!

 

 

 ※追記 モデナ遠足については ヨーロッパ古代中世美術にまとめ(20170622)

nekoatama.hateblo.jp

07 giugno 2017@Bologna

f:id:nekoatama:20170606160913j:plain

昨朝見たサンタポッリナーレ・ヌオーヴォ聖堂だが、モザイクは健在だったが,そのほかが傷んでいたようだった

f:id:nekoatama:20170606154625j:plain

ダンテの墓参りもしました
今日は午後モデナに行くので、ボローニャはどのくらい見られるかわからない・・
ガイドブックの情報と違って、国立絵画館は月曜以外8時半から18時までになっていて、火・水は午前のみというのは変わっていたので、予定変更・・

それはそうとこのHOTELはよい・・体重計もある!!!!!(笑)

・・と冒険は続きます~~~~

06/06/2017@Ravenna

f:id:nekoatama:20170606234016j:plain
今はラヴェンナを出るトレノの中です。
ボローニャ まで1時間20分程。出発までまだ。
........
始発駅なので定刻に発車した
・・えらいと思ったのだが、
天井から水が(汗)
f:id:nekoatama:20170606234346j:plain
天井の中央部がなんかおかしいね・・

f:id:nekoatama:20170619144003j:plain
ステップが高くて、スーツケースを持ち上げるのが大変
構内に自転車できて自転車を乗せてく人もあるようだ
f:id:nekoatama:20170619144020j:plain
f:id:nekoatama:20170619144734j:plain
ちゃんと定時について、今度はエレベーターを使い(2回)
駅2分のHOTELに、ここ立派
しかも2室つながりの秘密(?)のドアがある
また湯沸かしにお目にかかれてよかった~~

05/06/2017 ラヴェンナの朝5時

昨日、ローマから一日がかりで、ラヴェンナに移動。
タクシーでテルミニ駅に早く着きすぎ、フレッチャロッサのゲートの前で待っている時間が長く、その間に、例の洗礼にあってしまいましたよ。
とても臭い女性ふたりがいたと思ったら、ちょっと脱いでスーツケースの上においたお気に入りの帽子がこつ然と消え、笑っちゃいました!
スーツケース自体やショルダーバッグには気をつけていたんですが、まさか???俊足の技(笑)
あと、イタリアでは女性が男に命令しなれている、というか、
私のスーツケースを荷台に上げてやれと、格好いいビジネスウーマン(パソコン広げている)が、
隣のイガグリ頭の体格/顔の良い学生(本に黄色の蛍光ペン引いている)言ってくれてーー
なので、降りたボローニャで、一人目は撃退したものの、二人目に、別の階段で荷物上げてもらった時、
なんか安心していて、顔をよく見ないうちだったので、
またまた例のアレだということに気がつくのが若干遅かった!
それは助かりましたけど、勝手に運んでくれて、ぼらないでね~
小銭入れに少ししか入れていなかったので良かった。
これはエレベーターを使わなかったのがいけない。(有ったはず?)
ボローニャ駅はひろすぎる。(閑散としている、テルミニ駅にできた改札がない、誰でもホームに入れる)
また利用するので、次は気を付けよう、と思いつつ、
かくのごとく旅の洗礼は受けたので、あとはキリリとしていれば大丈夫だろう!?!?
f:id:nekoatama:20170605135314j:plain

帽子買わなきゃ・・もう一つ折り畳みのを持ってくればよかった・・しばらくは、傘とサングラスを使おう・・・
(娘には朝晩の報告で報告できないことを書きました~)

03/06/17@Roma

家を出てから10日立ち、冒険の半分が終わった感じ・・

慣れて問題なく過ごせており、感謝

明日移動するので、トレビの泉のコイン投げイベント??にも参加・・

世界中の人が同じことを楽しむわけで、これは私も一人でも人並みに何か楽しかったので、よしよしヾ(・ω・`)

ローマは永遠の都というよりも永遠の観光客押し寄せ名所・・入国管理官がものも言わずにパスポートにハンコをついて投げてよこす、そういう観光立国の国

f:id:nekoatama:20170604020421j:plain

デジャビュー感いっぱいでしょ!?(笑)

f:id:nekoatama:20170604022535j:plain

ミケ・・・さん

f:id:nekoatama:20170604022814j:plain

02/06/17@Roma

f:id:nekoatama:20170604012619j:plain

共和国記念日で空に一瞬、国旗が描かれた (byJET機)

このイベントのために 5月29日であったかな?チルコマッシモは早、準備の椅子席で埋められようとしていた(・・と思った)
クィリナーレ宮(大統領府)でも、その投票(王政を廃止し共和国にするという国民投票)の各地域ごとの集計などが保存されているのをガイドさんが丁寧に見せていた・・

それはともかくティべレ川沿いを歩くミッション(2万歩)完!!